働かずに生きていく

働かずに生きて行くを目標に不労所得で、毎月50万円を目指します。

働かずに生きていきたいを考え出したきっかけ

働かずに生きていきたいを考え出したきっかけ

 

私は2chのまとめサイトが好きで、暇な時間があればよくそれを読んでます。

 

f:id:akabane1234:20170405220745p:plain

 

ある日、ある会社の社長のまとめが、私の目に止まりました。

 

「お前ら社畜は、俺たち社長様の奴隷ってこった(笑)」

 

f:id:akabane1234:20170425205621p:plain

 

このふざけたタイトルに私はカチーンときながらも

そのまとめをクリックしました。

 

クソ社長の特定が怖いので、一部ぼかして書いてますが、この社長が誰かに気付いてしまった鋭い方は、お口にチャックでお願いします。

 

f:id:akabane1234:20170405220805p:plain

 

クリックしながら私は、何て嫌な奴、こんなゲスの極みみたいな社長の会社なんて、

ろくなもんじゃないし、どうせすぐ潰れて多額の負債を抱え、すぐにこっち側の人間になるだろう(笑)

 

f:id:akabane1234:20170405220848j:plain

 

お前が私の後輩としてうちの会社に入って来たら、ほんまもんの地獄を見せてやると

 

f:id:akabane1234:20170425205653p:plain

 

心に強く誓いながら読み始めました。

 

詳しい内容は本当にムカつくので割愛します。

 

簡単な内容としては

①俺がいかに商才があるか、何やっても勝っちゃうって怖いね、敗北を知りたい!

②俺は二十歳の頃からお前らとは見てる景色が違うわけ、分かる?

③事業始める時の不安?俺が始める事業に不安なんてないでしょ!

④俺の年収いくらか知ってんの?お前ら社畜とは住むステージが違うわけ(笑)

⑤俺がいいもん食って、最高の女を抱いてる間

 お前らは、牛丼でも食ってろ(笑)

 

みたいな感じでした。

文章を書いていて私に殺意を抱かせるとは、やはりこの社長は只者じゃありませんね。

 

 

f:id:akabane1234:20170425210252p:plain

 

この社長は当然、ネラーの皆様の怒りに触れ、嵐の罵詈雑言レスが書き込まれ、

私が言いたかった事は、ほとんど代弁して頂きました。

 

f:id:akabane1234:20170405220942p:plain

 

ネラーの皆様、その節はありがとうございました。

 

f:id:akabane1234:20170405221117p:plain

 

 

ただこの社長の発言の中に、私の心に刺さる発言がありました。

 

「じゃあさ、あんたの言う自由ってなに?」という問いに対して

 

「俺は朝、起きたい時間に起きて遅めの朝食をとり、昼過ぎに会社に顔を出して」「仕事に飽きたらジムに行って汗流して、デカイ風呂に入って」「お前らが働いてる時間にビールを飲んでるわけ」「これが自由でしょ」と

 

f:id:akabane1234:20170425210234p:plain

 

この答えに対してもネラーの皆様の、熱い罵詈雑言レスが書き込まれていましたが、どんな罵詈雑言レスを読んでも、私は何故かしっくりきませんでした。

 

f:id:akabane1234:20170405221148j:plain

 

その理由はおそらく、私がこの社長の事を、羨ましく思ってしまったからだと思います。だからどんな反論の罵詈雑言レスを読んでも、もうしっくりきませんでした。

 

私は朝起きたくもない時間に起きて出社し、忙しい日は昼食も取れず、常に愛想笑いを浮かべ、年下の現場監督にどやされ、家に帰ってからも客への見積もりを作成し、次の朝一訪問のクレーム現場の事を考え、疲れているのに中々寝付けず、夜中何回も目を覚まし、あと何時間で会社だと考えて吐き気を催し、、、

 

もう眠りたくない、眠ってしまえば、すぐ朝になって

出社時間になってしまうから、、、と考え

 

そして

朝まで深夜アニメを見て現実逃避、、、そんな毎日

 

酷いじゃないですか、この社長とあまりにも違いすぎます。

 

f:id:akabane1234:20170405221214j:plain

 

私はそのスレを読むまで、このまま年をとって、定年を迎えて、いくら貰えるか分からない年金と、スズメの涙ほどの貯金を切り崩しながら細々と生きて、そして死んでいくんだろうなと漠然と考えていました。

 

ですが、そのスレを読んでから私は

 

「働かずに生きていきたい」

 

「やりたい事をやって生きていきたい」

 

を真剣に考えるようになりました。