働かずに生きていく

働かずに生きて行くを目標に不労所得で、毎月50万円を目指します。

FX トラリピ 円高か円安かなんて考えるだけ無駄

① バブル崩壊

② サブプライム問題

③ リーマンショック

④ スイスフランショック

⑤ トランプショック

 

これらの事柄全てを事前(少なくとも1週間前)に察知し、回避する事は出来たでしょうか?

 

私は無理だと思います、仮に出来た人をご存知でしたら教えてください。

 

経済危機というものは地震と同じで、何時起きるか、その大きさは、誰にも分からないからです。

 

偉い経済学の学者さん(誰とは言いません)が「今年は超円高になる1ドル75円を切る」と記事を書いて、その年の終値が1ドル120円で終わったとしても、テヘペロで終わりです。

 

本当に75円を切る円高になったら「どうだ、参ったか」とドヤ顔、それっておかしくないですか?

 

それと同じ事でよければ、私にも出来ます。

 

私はこう思います、この先円高になるか、円安になるかを考えて悩むより、どっちに振れてもいいようにしてしまえば、何も考えなくていいのではないかと

 

f:id:akabane1234:20170426202502p:plain

 

そして、それを形にしたものが、「トラリピ」です。

 

f:id:akabane1234:20170502143635p:plain

 

f:id:akabane1234:20170502140548p:plain

 

上記は米ドル円の長期チャートです。

 

円安→円高→円安 といった感じで、波のように上がったり下がったりしているのが分かります。

 

つまりこの波(136円~75円)を全てフォローしてしまえば、いちいちチャートを確認しなくとも、必ずこの中のどこかで上がったり下がったりしている訳です。

  

そして私がおススメする安全で安心な設定というのは、この波(136円~75円)の中にトラップを仕掛けるというものです。

 

基本は買い

 

f:id:akabane1234:20170502144109p:plain

 

買いのみで始めた場合のメリット 

 

買いのみで始めた時のメリットとしましては、スワップポイントがあります。

スワップとは、日々発生する2国間の金利差による収益の事をいいます。

 

スワップポイントは毎日付くので、取引がない日もコツコツとあなたの資金が増えていきます、逆に売りのみで入った場合は、スワップポイントの分資金が減っていきます

 

買いのみで始めた場合のリスク

 

逸失リスク 

予想より円安になってしまい利益を得る機会を失うリスク

対策 設定の見直しをするだけで済みます。

 

損失リスク

予想より円高になってしまいロスカットになってしまうリスク

対策 追加資金を投入してロスカットラインを下げる。

 

問題は損失リスクの方ですね、ロスカットになるという事は、大切な資金が溶けてなくなってしまう事になります。

 

そこで損失リスクの設定は、かなり余裕を持って行います。

 

f:id:akabane1234:20170502144952p:plain

 

2000年~2016年 10年の長期チャートの中で過去最高に円高に振れた月が、2011年10月の75,57円です。

 

ということは、75,57円の下に設定してしまえば、どんな経済危機が訪れたとしても、持ち堪えられると考えられます。(もちろん100%ではありませんが)

 

そこで下値は75円に決定します。

上値は悩まなくてOK、今現在 1ドル112円ですので、少し余裕を持って

115円に決定します。

 

f:id:akabane1234:20170502152226p:plain

 

それを踏まえた上で、らくトラ運用資産表で計算します。

らくトラ運用資産表は、証券会社 マネースクウェアジャパン(M2J)で口座を作った人だけが使えるツールとなります。)

 

f:id:akabane1234:20170502150113p:plain

 

 丸をつけた東京15時ロスカットが、74,97円になっており75円を下まわっております。

 

つまり75円まで円高が進んだとしても、それまでは追加資金なしで持ちこたえる事ができます。

 

この計算をミスると後々大変な事になりますので、自分自身で計算する時は、正確に数字を出すようにしてください。

 

f:id:akabane1234:20170502152145p:plain